顔が歪んでみえる原因は口元の歪みであることがあります。
矯正治療においては、ただ歯並びを整えるだけでなく、お顔全体のバランスも考えた治療が必要不可欠です。
顔の正中線の位置を確認し、目、口元のバランスを考慮した上で、ズレや歪みの原因を検証し、かみ合わせを考慮した矯正治療を行います。

今回は左に顎が歪んで見える受け口の症例をご紹介します。

受け口でお悩みの方に多く見られるのは、歯の正中線(歯の中心のライン)のずれです。

歯の中心がずれることを「正中不一致(せいちゅうふいっち)」と言います。
実際にこの症例の正中線を見てみると、上の歯と下の歯の位置が大きくずれていることがわかると思います。

あごのずれや噛み合わせのずれを放置すると、骨格のバランスが崩れることにつながり、頭痛や肩こりの原因につながることがあります。

余談ですが、スポーツ選手で矯正治療をされる方が多いのは、このかみ合わせがパフォーマンスと関係しているからです。スポーツをする上で必要不可欠なボディバランスによる柔軟性アップのほかにも、瞬発力や力を入れる時に正しいかみ合わせが関係しています。(…オリンピック選手の歯並びに、ついつい目がいってしまうのは職業病ですね)

さて、本題です。

矯正治療においては、歯並びを整えるだけでなく、正中線の位置、骨格、かみ合わせ、お顔全体のバランス、横から見たバランスなど総合的な診断のもとで行うことが必要不可欠です。受け口の治療では、症例によっては、外科的な処置が伴うこともありますが、今回はマルチブラケット装置によって非抜歯で正しい歯並びを獲得することができました。

今回は、歯並びのずれが骨格バランスと関係していることがお分かりいただけるよう、レントゲン写真を掲載致します。

受け口の正中線

骨格バランスの変化

 

●患者様の症状
かみ合わせたときに、下の顎の位置が本来あるべき位置からずれている状態(※)で顎が左に歪んで見えるというお悩みでした。(※)

※下顎が左に偏位した下顎前突(受け口)

●治療名称
下顎前突
非抜歯矯正

●治療方法
永久歯抜歯をせずにマルチブラケットにより配列

●治療結果
正常な歯並びを獲得する事が出来ました。

●治療期間
2年

●メンテナンス頻度
月1回

●治療費用(税抜)
約800,000円

●治療を行う上での注意点(リスク)
受け口が重度の場合などは永久歯の抜歯や手術が必要になることがあります。
※治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。