今回は、歯が骨や歯茎の中に埋まって自然に生えてこない症例(埋伏歯)ご紹介します。
初回来院時は、前歯の隙間と上の歯の出っ歯、下の歯のガタガタが気になるというお悩みでご来院されました。
こちらは初診時の歯並びです。

 

初回カウンセリングのパノラマX線写真撮影をしてみると、犬歯が歯茎内に斜めに埋まっていることがわかりました。本人は自覚がありませんでした。
パノラマをよくみると斜めに傾いて埋まっていることがわかります。

このように犬歯の埋伏(歯が生えてくる時期を過ぎても、歯が歯茎の下または顎の骨の中に埋まってでてこない状態の歯のことをいいます)は、矯正治療の相談の中でも多い症例の1つです。今回の場合、埋まっている歯が出やすいように、歯茎に外科的処置を行います。(「開窓(かいそう)という処置をします」)

そして、その歯が生えてきたら、ブラケット装置を付け、少しずつ埋まっている歯を牽引し、正しい位置に動くように移動させていきます。

埋伏歯治療経過

まずは上顎の埋伏歯を正しい位置に移動させ、その後、下顎をブラケット装置により配列しました。

 

パノラマX線写真をご覧いただくと、治療開始時は乳歯がいくつかあるため歯茎の下に永久歯がいくつかあります。永久歯に生え変わった後、下顎の矯正治療を開始しました。

 

【矯正治療中の経過】
埋伏歯がある場合、かみ合わせや近くの歯に悪影響がある場合には抜歯することもありますが、今回の場合は矯正装置によって移動させる方法を選択しました。

 

今回の症例のように、本来生えてくる歯が、歯茎に埋まった状態の場合には、早めの治療が望ましいといえます。

埋伏歯は位置や生える向きの異常を伴う場合が多く、埋まっている歯が、周りの歯の根っこを吸収してしまい、歯をぐらつかせてしまうなどの影響を及ぼすことがあるためです。
お子さんの場合、本来生えてくる歯の本数が少ないということを自覚できることは少ないため、親御さんから見て、歯並びに関して気になることがあればお早めにご相談いただくのが良いかと思います。

 

初診時は小学生でしたが、矯正治療を通じて、5年8ヶ月という長いお付き合いの中でお子さんの成長を見れたことは矯正治療ならではの喜びかもしれません。
ブラケットを外したときに「矯正治療をやってよかったぁ〜」と笑顔を見せてくれたときは感極まるものがありました。

 

●患者様の症状
出っ歯と下顎のガタガタ(叢生)のお悩みで来院されましたが、初回カウンセリングで犬歯の埋伏が判明

●治療名称
上顎両側犬歯埋伏を伴う上顎前突
下顎叢生
非抜歯症例

●治療方法
上顎に埋まっている犬歯を引っ張り出す外科処置(開窓牽引)を行い、マルチブラケットで配列

●治療結果
正常な歯並びを獲得する事が出来ました。

●治療期間
5年8ヶ月

●メンテナンス頻度
月1回

●治療費用(税抜)
約800,000円

●治療を行う上での注意点(リスク)
叢生が重度の場合や埋伏が重度で悪影響を及ぼす場合などは永久歯の抜歯が必要になることがあります
(治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。)