今回は、埋伏歯の症例の中でも上下の犬歯が歯茎の中に埋まっている症例をご紹介します。
こちらが初診時の歯並びです。

前歯上下の8本は正しい位置に見えますが、他の箇所の歯並びが気になり、口を思いっきりあけて笑うことができないというお悩みをお持ちでした。

初回カウンセリングのパノラマX線写真撮影をすると、歯茎の中で複数本の歯が横向きに生えていることがわかります。

埋伏歯は、放っておくと歯並びの乱れに影響するだけでなく、隣接する歯根の吸収(※)に関連することもあるため、早期の適切な治療が必要です。
矯正治療においては、歯を正しい位置に配列し、かみ合わせを正すだけでなく、歯を動かしたことによる、歯根吸収のリスクも考えた上での治療計画が必要です。無理な力で歯を動かせば、それだけ歯に負担がかかり、歯根吸収につながることもあるためです。
※歯根吸収とは…わかりやすくお伝えすると、歯の根っこが短くなることです。歯の根っこが短くなると将来的に抜けやすくなる等のリスクがあります。

 

今回は上下の埋伏があるため、まずは上下2本を抜歯し、歯を移動させるスペースを確保します。

【抜歯後】

移動させたい歯と位置を固定したい歯を選別し、装置をつけます。抜歯したスペースに奥歯が前へ移動してしまわないように、「ホールディングアーチ」という奥歯を固定させる装置をつけます。この装置は上顎の奥歯同士の間にワイヤーを入れるので、突っ張り棒のような役割をしています。

 

歯を移動させるか、固定するか、抜歯をするかしないか、どのように歯が動くかなど考慮して歯を動かす範囲を決めていきます。

【奥歯を固定】

歯を動かす回数が増えるほど、歯1本あたりにかかる負担も増えてしまい、歯根吸収の原因になることもあるため、当院では、リスクを最小限にすることも念頭に治療計画を立てています。

 

【治療経過】
ブラケット装置によって、埋伏していた歯を少しずつ動かします。約2年をかけて歯を移動させました。

歯並びのお悩みはご本人も見た目に関することなので自覚がありますが、このような埋伏歯の存在はレントゲンを撮影しないと発見できません。
歯並びだけでなく、ご自身の歯の本数にも、関心を持っていただけたらと思います。

お悩みとしては、歯茎から歯が生えている、歯の本数が足りない、犬歯が生えてこないという場合が埋伏歯であることが多い傾向です。歯の生え方も将来の歯並びに関係しますので、まずはご相談いただければと思います。

 

 

●患者様の症状
上下の犬歯が生えてこない。歯茎から横向きに歯が生えている。
思いっきり歯を見せて笑うことができない。

●治療名称
上顎両側犬歯埋伏を伴う上顎・下顎叢生
抜歯症例

●治療方法
上下の2本ずつ抜歯と上顎に埋まっている犬歯を引っ張り出す外科処置(開窓牽引)を行い、マルチブラケットで配列。

●治療結果
正常な歯並びを獲得する事が出来ました。

●治療期間
3年4ヶ月

●メンテナンス頻度
月1回

●治療費用(税抜)
約800,000円

●治療を行う上での注意点(リスク)
叢生が重度の場合や埋伏が重度で悪影響を及ぼす場合などは永久歯の抜歯や外科的手術が必要になることがあります。
(治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。)