受け口(下顎前突)とは、下の歯が上の歯より前に突出している歯並びのことをいいます。
受け口は、歯が前に極端に突出している場合と、下顎の大きさが上あごより大きいことで起こる受け口があり、矯正治療で治る場合もありますが、重症の場合には外科手術が必要な場合もあります。

正しい歯並びには、正しい噛み合わせが必要不可欠と言えます。
今回は、受け口の治療を永久歯の抜歯をせず、マルチブラケット装置で改善したケースをご紹介します。

 

受け口の症例

●患者様の症状
受け口(前方に偏位)でお悩みでご来院されました。

●治療名称
下顎前突
非抜歯矯正

●治療方法
永久歯抜歯をせずにマルチブラケットにより配列

●治療結果
正常な歯並びを獲得する事が出来ました。

●治療期間
2年

●メンテナンス頻度
月1回

●治療費用(税抜)
約800,000円

●治療を行う上での注意点(リスク)
受け口が重度の場合などは永久歯の抜歯や手術が必要になることがあります。
※治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。