歯の生える位置が、違う場所に生えていることを「異所萌出」といいます。

生えてくる場所・歯の種類はさまざまで、生えた場所によっては、歯の位置が異なることがあります。周りの歯にかかる力が正常ではないため、周りの噛み合わせに影響を与えてしまうことがあり、注意が必要です。また、歯磨きもしづらい状況のため、将来、虫歯になりやすいリスクも高いと言えます。

今回は、前歯と犬歯が違う場所から生えているお悩みを解決した症例をご紹介します。

歯茎から歯が生えている症例

●患者様の症状
違う場所から歯が生えており、ガタガタの歯並びでにより、前歯で食べ物をよく噛めない状態で困っているということでした。
また、かみ合わせが深く下の歯が見えない状態でした。

●治療名称
叢生
非抜歯症例

●治療方法
永久歯抜歯をせずにマルチブラケットにより配列。

●治療結果
正常な歯並びを獲得する事が出来ました。

●治療期間
2年

●メンテナンス頻度
月1回

●治療費用(税抜)
約800,000円

●治療を行う上での注意点(リスク)
叢生が重度の場合などは、永久歯の抜歯が必要になることがあります。

※治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。