歯と歯の間に食べ物がつまりやすかったり、見た目も気になるすきっ歯。
顎と歯の大きさが合っていないことや、生えた歯の本数が足りないこと等が原因の1つです。(生まれつき歯の本数が足りない方もいます)

歯と歯の間に隙間ができ、空気が漏れてしまうので発音がしづらく、「サ」行が発音しづらい等のお悩みが寄せられます。

すきっ歯の中でも特に多いご相談は、上の前歯の真ん中に1.5〜2ミリ程度の隙間がある「正中離開」という状態です。上の歯の隙間は目立つので、できるだけこの隙間を目立たなくしたいという方も多いと思います。また、この隙間がある発音に慣れてしまっている場合は、舌癖をトレーニングする必要も出てきます。

今回は、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置によって、すきっ歯を治療をしたケースをご紹介します。

上下のすきっ歯治療前後

●患者様の症状
上下前歯に隙間があり(すきっ歯の状態)、思いっきり笑顔になることができない、食べ物が隙間に挟まるというお悩みでした。

●治療名称
空隙歯列
非抜歯矯正

●治療方法
上下にマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置を使用

●治療結果
正常な歯並びを獲得する事が出来ました。

●治療期間
1年6か月

●メンテナンス頻度
月1回

●治療費用(税抜)
約1000,000円

●治療を行う上での注意点(リスク)
舌癖などを伴う場合はトレーニングと治療期間の延長する可能性があります。

※治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。