上顎前突(出っ歯)にもさまざまな種類があります。

舌の癖で前に押されることで前歯が前に出る場合や、上顎の全体が前に出ている場合など、一人ひとり、「出っ歯」の種類は異なります。そもそも、人の歯並びは上の前歯は下の前歯よりも2、3ミリ前に出ているのが通常ですので、「出っ歯」という状態は、それ以上、前に出ている場合をいいます。

出っ歯は歯並びのお悩みだけでなく、ケガをしやすいということや、前歯で食べ物を噛みちぎれないといった、お悩みの声を多く寄せられており、当院でも多いご相談の1つです。

今回は、歯と歯の間に隙間がある出っ歯の治療例をご紹介します。

隙間がある出っ歯の症例

●患者様の症状
過蓋咬合(かみ合わせが深く、下の歯が見えない状態)で上顎前突(出っ歯)が気になり、思いっきり笑うことができないというお悩みでした。

●治療名称
上顎前突
非抜歯症例

●治療方法
永久歯抜歯をせずにマルチブラケットにより配列

●治療結果
正常な歯並びを獲得する事が出来ました。

●治療期間
2年

●メンテナンス頻度
月1回

●治療費用(税抜)
約800,000円

●治療を行う上での注意点(リスク)
上顎前突が重度の場合などは永久歯の抜歯が必要になることがあります。
※治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。