乳歯から永久歯に生え変わる段階で歯並びについてご来院された際に埋伏過剰歯であることがわかった例をご紹介します。

(過去のブログ「埋伏歯の症例」はこちら▶ https://www.yorozu-ortho.com/column/maihukushi2/

過剰歯というのは、わかりやすく言うと、本来必要な数以上に歯の本数があるという状態です。「余分な歯」であるだけなら良いのですが、問題となるのは、歯並びに影響する場合や永久歯がずっと生えてこないというような場合です。

今回、初診時のパノラマX線写真を確認したところ、通常の本数よりも多い歯が上顎の右側に埋伏していることがわかりました。

通常は、乳歯の下に1本の永久歯1本が存在するのが正しい状態です。しかし今回の場合は、乳歯の下に複数本の歯が存在していることがわかります。横から見るとよくわかるのですが、歯茎の部分から複数本の歯が見えている状態でした。また、かみ合わせにも影響を及ぼしているため、歯がすり減ってしまっていました。

 

 

【初診時の歯並び】

横から見ると歯茎から歯がでていることがわかります

 

【初診時のかみ合わせ】

かみ合わせが不十分なため、余分な力が入りやすく歯がすり減ってしまっています

 

まず最初の治療としては、歯並びに影響を与えている右側の過剰埋伏歯を抜歯することからはじめました。抜歯は口腔外科で実施しました。

また「含歯性嚢胞」と呼ばれる嚢胞も存在していたので、それも含めて摘出しています。

 

【4ヶ月後】

過剰埋伏歯がなくなったあとは、永久歯が生えやすいスペースをつくるため、上顎の奥歯にホールディングアーチと呼ばれる装置を装着し、奥歯が動かないように固定します。

【8ヶ月後】

 

【8ヶ月後の歯並び】

乳歯から永久歯に生え変わった状態

【8ヶ月後のかみ合わせ】

上顎の奥歯にホールディングアーチを装着

 

【2年半後の歯並び】

【 2年半後のかみ合わせ】

 

初診から約4年後、永久歯がきれいに配列しました。永久歯がきれいに配列され、親御さんもご本人もとても喜ばれていました。

治療前はあどけなかった表情のお子さんの表情が、中学生になり身長も伸び、凛々しい表情で歯を見せて笑っている学生生活を過ごしていると思うと、親心に似た嬉しさがあります。特に小さい時期から関わるお子さん矯正治療は、本人の強い意思も大切になるため、感慨深いものがあります。

 

【4年後の歯並び】

【4年後のかみ合わせ】

「含歯性嚢胞」と呼ばれる嚢胞も存在していたので、抜歯とともに摘出したため、正常よりも歯の本数が1本少ない状態で配列しました。

 

今回の症例のような子どもの埋伏過剰歯は、将来の歯並びだけでなく、かみ合わせや顎の成長にも関係します。

お子さんの成長にともない、本人が歯磨きをするようになると、親御さんがお子さんの歯並びを意識してみないと異変に気づかないことがあります。ぜひ定期的に「口の中をチェックしてみよう!」と声掛けをして、歯並びだけでなくお口の中の様子も見てあげて下さい。

歯が欠けていたり、歯の大きさ、色の変化、痛みはないか?などお子さんの小さな異変に早めに気づき、適切な治療を行うことが大切だと考えています。

お子さんの歯並びは親御さんの協力も必要不可欠といっても過言ではありません。

今回のような埋伏過剰歯も、正しい治療を早期に行えば、永久歯の段階できれいな歯並びを手に入れることができます。

気になることは、早めにご相談ください。

 

●患者様の症状
乳歯から永久歯に生え変わる段階で上下のガタガタの歯並びが気になりご来院されました
●治療名称
上顎・下顎叢生
埋伏を伴う過剰歯
●治療方法
過剰埋伏歯の抜歯を行い、乳歯が生え変わったあとマルチブラケットで配列
●治療結果
正常な歯並びを獲得する事が出来ました。

●治療期間
4年と14日(約4年)
●メンテナンス頻度
月1回

●治療費用(税抜)
約800,000円

●治療を行う上での注意点(リスク)
叢生が重度の場合は永久歯の抜歯が必要になることがあります
(治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。)