小児矯正

小児矯正を検討されている親御さんへ

小児期に治療矯正を始めることで、成長期でないとできない治療が可能になるなどのメリットがある場合もありますが、治療期間は長くなりがちです。そのため、治療期間のことを考えてもメリットの方が大きいと判断できる場合には早めに治療を受けていただくのが良いかと思います。

また、親御さんの意向で矯正治療を始めるとしても、治療を受ける本人であるお子さんの理解や協力は必要不可欠です。お子さんが積極的に治療を受けられるようにするために、親御さんも治療について知っていただき、ご家庭でのケアをお願いいたします。

お子さんのモチベーションを高めるために

矯正治療は、「勉強しなくちゃいけない」「習い事をしなくちゃいけない」というのと同じように、お子さんにとっては「しなくちゃいけないこと」であることがほとんどです。ただし、将来お子さんが歯のことで悩まなくなるための、ご両親からのプレゼントという側面もあり、将来のために…という意味では勉強も歯の矯正も同じなのかも知れません。

実際に、これまでに矯正治療を受けられたお子さん達は、成長してから親に感謝するようになることがほとんどですので、お母さん・お父さんは、嫌なことをさせているのではなく、お子さんのためにプレゼントをしているという気持ちをぜひお持ちください。そして、良い教育を受けさせてあげるのと同様に、「後で嫌な思いをしないように」というお話をして、モチベーションを高めていきましょう。

いつから治療を始めれば良いか

一般的には9歳〜10歳くらいには小児矯正を始めた方が良いとされており、確かにこの時期に始めるのが最適という子もたくさんいます。ただし全員に当てはまるというわけではなく、ベストな治療開始時期は人によって変わりますので、まずは6歳くらいに一度検査を受けて、自分の子供にとっての治療を始めるべき時期を知っておいていただくと良いでしょう。

矯正治療が必要かどうかの判断

矯正治療を必ず受けた方が良いと宣伝している医院もたくさんありますが、最終的に治療を受けるかどうかを決めるのか患者さんです。もし、見た目も気にならず、しっかり噛めて話せているのであれば、無理に治療を受ける必要はありません。ただし、何か気になることがあるのであれば、早めに治しておくことで、その後の人生が変わるというのも事実です。私たちは、治療を押しつけることはせず、患者さんが安心して納得のいく選択ができるよう、最大限の情報を提供し、わかりやすくご説明をさせていただくことを大切にしています。

顎の大きさ~歯並びを悪くする原因

歯並びが悪くなる原因のほとんどはアゴが小さいことです。
アゴが小さいためにすべての歯がきちんと生える場所がなく、混み合って生えてきたり(乱ぐい歯)、八重歯になったりします。顎骨の成長が終わってしまっている大人では顎が小さいと歯を抜かないと良い位置に歯を並べられなくなりますが、子供の時期は成長段階にあるので顎の成長を専用の装置を使用してある程度調整することができます。将来歯を抜かずに矯正を行うことができることがポイントです。
矯正治療が終わった後も経過観察が大切となってきます。”顎骨の成長”は16~18歳、人によってはそれ以降まで続き、顔の骨格(=”顔つき”)そのものが変化してしまうことがあるからです。
ですので、少なくとも第二大臼歯(奥歯)がすべて生え揃って、しかも顎骨の成長が終了した時点で、噛み合わせや歯並びの再評価が必要となってきます。

指しゃぶりや舌癖など歯並びを悪くする癖

指しゃぶりは乳児~幼児前半(5歳頃)まで多くの子供に認められます。矯正治療後に正しい噛み合わせを安定させるためには、矯正治療と併行して癖を無くしていくことも重要です。指しゃぶりや歯並びに良くない癖の克服方法については、お子様の発育段階に応じて、指導します。どの段階でもいえますが、ご両親がお子様の将来を心配されるあまり神経質になって逆にお子様に対してプレッシャーを与えないようにすることは大事です。舌の癖(=舌癖)によってせっかくきれいに歯並びを整えたのに、舌が前に押し出す癖によって歯並びが後戻りしてしまう恐れもあります。
前歯が下の歯と重ならない「開咬」「出っ歯」等の咬み合わせの異常があるようなら、ご相談ください。

矯正のことでお悩みでしたらまずご相談してみませんか? tel 0584-75-4184
よろず矯正歯科クリニック 最寄駅 大垣駅北口徒歩8分 診療時間10:30~19:00 土曜9:30~17:30 ai1q_003_sp.png