矯正種類と治療事例

矯正装置を選ぶにあたって

歯の矯正治療に使用する装置にはいくつかの種類があり、目立たない、治療期間が長い、取り外しできるなどの各種メリットがあります。ただし、すべての装置が全員に適合するというわけではなく、現在の歯の状態によってもある程度は選択肢が決まってきます。なお、矯正治療は、同じ装置を使えばいつも同じ結果が得られるとは限りません。その装置をどう設計し、どう装着し、どうメンテナンスするか、つまりどの医院で治療を受けるかによって治療の効果そのものが変わりますので、その点は知っておいていただければと思います。

ブラケット矯正

メタルブラケット

従来から使われている金属製の装置です。金属であるため壊れにくく歯の移動も若干早いというメリットがあります。ただし、目立ちやすいため避ける方もいらっしゃいます。

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じ形をしていますが、白い素材を使用しているため目立ちにくいという特徴があります。ただし、その分、強度はやや劣ります。

デーモンブラケット(セルフライゲーション型ブラケット)

ブラケットとワイヤーの摩擦抵抗を極限まで少なくしており、それによって治療期間が早くなるというメリットがあります。また、最新式のデーモンブラケットは目立たない素材で作られています。

リンガルブラケット

歯の裏側に取り付ける矯正装置です。正面からは見えないというメリットがある一方で、舌に当たって気になる、話しにくいといったデメリットもあります。また、治療期間も若干長くなりがちです。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置

透明なマウスピースを使って歯を動かしていく矯正治療法です。目立たないのはもちろん、自分で取り外しできるため食事の際に気にならないというメリットもあります。

矯正のことでお悩みでしたらまずご相談してみませんか? tel 0584-75-4184
よろず矯正歯科クリニック 最寄駅 大垣駅北口徒歩8分 診療時間10:30~19:00 土曜9:30~17:30 ai1q_003_sp.png