乳歯から永久歯の歯並び

 

今回は、乳歯から永久歯にかけての歯並びのお悩みについて記載します。
「乳歯の時はきれいな歯並びだったのに、永久歯が生えてきて歯並びが気になるようになった」というご相談をよくお寄せいただきます。
今回もその一例です。

多くの場合、6歳頃から12歳頃にかけて「乳歯」から「永久歯」へ生えかわり(※)その途中で歯並びが気になるということはよくあります。
※生え変わりの時期や順番は、個人差がありますので、目安として、お考え下さい。

 

「前歯の永久歯が生えてきた段階で、前歯と下の歯のガタガタが気になり、将来の歯並びが心配…」という将来のお子さんの歯並びをご心配される親御さんのお気持ち、よくわかります。
親としては子どもに『笑顔』でいられる歯並びと人生を送ってほしいと願いますよね。

今回の場合は永久歯が生え変わるタイミングを待ち、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置で治療を行い、抜歯することなく正常な歯並びを実現することができたケースです。
マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置▶は、1日の装着時間が20時間です。お子さんが学校へ行っている間や親御さんの目が届かない場所にいる場合には、マウスピースを外してしまうということもあるため、本人の意思が無いと良い治療結果は得られません。非常に前向きなお子さんだからこそできた矯正治療でした。

 

小児矯正の時期では、成長期でしか治療できない顎の成長を誘導することや、キレイな歯並びを維持するための土台作りが中心となるため、
親御さんの協力体制も必要になります。
矯正治療開始時の痛みはないか、きちんと決められた時間マウスピースを装着しているか、周りのお友達から何か言われて傷ついていないか等、お子さんの小さな変化を見逃さないことが大切です。

お子さん本人が矯正治療に前向きであれば良いのですが、ご相談時に本人へお話を伺うとお子さん自身はあまり気にしていない、本当は矯正治療をしたくない…といった場合もあります。
小児矯正のページ▶でもお伝えしていますが、お子さんの気持ちが不在の治療は当院では行っていません。
お子さんが矯正治療に対して、前向きな気持ちではない場合、途中で治療が中断してしまい、うまく行かないことが多いためです。

 

矯正のタイミングは一人ひとり異なります。
子どもの時は矯正治療に対して前向きでなかったとしても、成長をし、思春期を迎えたら前向きになるということもあります。
歯並びについて気になる場合には、まず1つのタイミングとして小学校低学年の時期にご相談ください。
お子さん、親御さん、そして私達の三人三脚で、矯正治療を通して長いお付き合いができればと思います。