目立たない矯正

目立たない矯正とは

従来のブラケット矯正では歯の表側に矯正装置をつけているので、笑った時に矯正をしていることが周りの人にわかってしまい、気をつかう…というお声をいただいておりました。

マウスピース矯正

舌側矯正

マウスピース矯正のおススメ

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置は、大人の歯が生え揃う年齢(12歳頃)以上の方に適しています。

  • 金属アレルギーの方
  • 取り外しができる矯正装置をしたい方
  • 矯正治療をしていることを知られたくない方
  • 金属を歯の表面につけることが向いていない方
  • 一部だけの矯正や少しだけ矯正を希望する方

 

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置のメリット・デメリット

メリット

  • 後戻りした方も治療ができる。
  • 取り外しができて衛生的。
  • 金属アレルギ-の方も治療できる。
  • 矯正装置の装着による不快感が軽減されます。
  • 透明感があり、装着していても目立ちません。
  • クリンチェックが表示する3Dアニメーション動画を通じ、患者様ご自身も計画された歯牙移動を事前に見ることができ、治療に対するモチベーション向上につながります。

 

デメリット

  • 歯の重なりが強い方はできない。
  • 骨格自体の不正は治らない。
  • 場合によってはワイヤー矯正の方が早い時もある。ご自身で外せるので外しっぱなしになってしまう人には治療期間が長くなってしまいます。長時間マウスピース矯正をつける環境がないと難しい。

マウスピース矯正の使用方法

ご自宅でのマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の使用方法

1日20時間の装着

お食事をする時だけ外します。寝ている間も装着してください。ですので、試食コーナーはしばらくお預けです。
お食事後は歯を磨いて装着しましょう。食後、アライナーをつけ直した瞬間は一瞬キツイと感じる方がいますが、食事をするときが一番歯が動こうとするためです。きちんと装着をすれば大丈夫です。
歯と同様にマウスピース型矯正装置に汚れが溜まったら歯ブラシで磨きましょう。

 

2週間ごとに次のステップのマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置に患者様ご自身で交換していただきます。

 

確認事項

  1. 装着時間・装着状況
  2. 装着時間は守れていますか?装着は痛くありませんか?
  3. アタッチメントの有無
  4. アライナーの凹みに合わせて歯に取り付けていたアタッチメントはとれていませんか? アタッチメントはお食事の歳によく引っかかったり、装着時に引っ掛けて取れてしまうこともあります。 取れてしまった場合はご連絡ください。
  5. 歯の痛みや装着感
  6. アライナー装着時はキツイと感じます。締め付けるような痛みと表現する方が多いです。 痛みをどうしても我慢できない方もいますし、痛みを感じない方もいます。 装着感に違和感がある方はご相談ください。
  7. ブラッシング状況
  8. きちんと歯ブラシはおこなえていますか?

attention

  • マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置が歯ぎしりで割れてしまった!
  • お湯をかけてしまい、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置が変形してしまった!
  • マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置を無くしてしまった!
  • マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置が痛くて装着できない。
  • マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の亀裂が入って舌が痛い

 

再度、型取りをせずにアライナーを製作することが可能です。

医院での確認内容

定期的に歯の動きを確認します。

1.5~3ヶ月ごとに御来院して頂きマウスピース型カスタムメイド矯正装置の使用状況、口腔内の状態を確認します。
※医療機器法の対象外となっているため医療薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります

 

確認事項

  1. 装着時間・装着状況の確認
  2. アタッチメントの有無
  3. 歯の動きの状態を見てアタッチメントが必要かどうか診ます。 さらに歯を動かす必要がある場合はアタッチメントを増やします。
  4. マウスピース矯正の適合状態
  5. 咬み合わせの状態
  6. 口腔の衛生状態
  7. 矯正治療に対するモチベーション
  8. 初めての経験の方はマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置に慣れるまでに時間がかかることもあります。 患者様の美しい歯並びになるゴールへ向けて一緒に頑張りましょう。 不安なことや疑問点はご相談くださいね。
  9. 次の矯正装置の適合状態
  10. 歯の動きを確認し、お渡しするマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置の個数を診断します。

 

治療の流れはこちら

舌側矯正とは?

当院では舌側矯正(歯の裏側につける矯正装置)はリンガルブラケッを採用しています。
装置の厚みが少なく1人ひとりの歯の大きさ、形に合わせた完全オーダーメイド装置です。舌側矯正の種類も複数ありどの治療が良いか?は患者様の症例、予算、治療期間によってお話し合いの上、決定致します。

特徴
歯の裏側に装置をつけます。

 

メリット
全く表側から見えないため、人にわからないまま矯正治療が行えます。

 

デメリット
しゃべりにくい
舌に当たりやすい
慣れるまで時間が必要

舌側矯正が人気な理由

舌側矯正は歯の裏側にブラケットをつけるので、見た目を気にされる方、スポーツをされる方にも最適です。

  • 年齢や症例を選ばない矯正治療です
  • スポーツをする方や演奏する方にも最適
  • 矯正治療をしていることを知られたくない方
  • 歯を見せる機会が多いお仕事についている方に人気
  • 症例によっては表側の矯正装置より早く終ることもある

 

舌側矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 表側に装置をつけないので目立たない。
  • 難しい症例にも対応可能。
  • 年齢制限なくどなたでも対応可能。
  • 抜歯が必要な症例でも舌側矯正で対応できる場合もあります。

 

デメリット

  • 数週間は慣れるまでに時間が必要。
  • 人によっては話しづらい、食べづらいということがある。
  • 従来の矯正に比べ料金が高い。
  • 装置が取り外せない+表側から装置が見えないため丁寧なブラッシングが必要

他の矯正装置との比較

目立たない矯正装置との比較
 マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置舌側矯正表側の矯正
 
型取り 基本的に最初の1回のみ 最初の1回のみ 必要なし
見た目 目立たない わからない 目立つ
抜歯ケース 症例によっては可能 可能 可能
装着まで 約3~4週間 約4〜5週間 即日
費用 比較的高い 高い 通常
製作行程 ほとんどがデジタル処理 ほとんどが手作業
専門医による技術が必要
ほとんどが手作業
専門医による技術が必要
審美型ブラケット

ポイント
見た目は良いが、歯の移動がセルフライゲーション型と比べてやや遅い。

 

マウスピース型矯正装置開始前や後に使用される場合があります。

裏側ブラケット

ポイント
歯の裏側に装置をつけるため表側から装置は見えません。

 

治療初期に見た目やガタガタの改善ができます。

矯正のことでお悩みでしたらまずご相談してみませんか? tel 0584-75-4184
よろず矯正歯科クリニック 最寄駅 大垣駅北口徒歩8分 診療時間10:30~19:00 土曜9:30~17:30 ai1q_003_sp.png