専門の医院で矯正すること

矯正治療の專門クリニックと、一般歯科との違い

矯正治療はほとんどの一般歯科でも受けることができます。ただし、多くの場合は月に数回しか矯正治療を受けることができず、矯正治療のための専門的な設備や道具も揃っていないというのが正直なところです。矯正治療の專門クリニックは、すべてが「矯正治療」のために設計されており、診療内容のスキルや知識だけでなく、スタッフ育成や院内システムなども、あらゆる点でクオリティに差が生まれます。矯正治療を受けるなら、矯正治療の專門クリニックという選択肢があることを、まず知っていただければと思います。

また、專門クリニックであると同時にもう一つ重要なことは、「学会の認定医を持っているかどうか」です。もちろん認定医をもっていれば、それだけで素晴らしい治療を受けられるというわけではありませんが、最低限の判断基準として、矯正治療の專門クリニックか、そして認定医を持っているかどうかはご確認いただき、そこからさらに自分に合う医院を見つけるようにしましょう。なお、認定医は、矯正治療に関する専門的なトレーニングを受けてきただけでなく、矯正治療そのものにプライドと責任感を持って取り組んでいることがほとんどです。

審美面以外の矯正治療のメリット

目的の一つに「見た目をきれいにすること」があげられますが、それ以外にも噛み合わせや発音が気になってご来院される方もたくさんいらっしゃいます。特にお子さんの歯の噛み合わせについては、よく観察しているときちんと噛めていないことや、噛み切れていないことがわかります。歯は、1本ずつ独立しているわけではなく、バランスを取り合って並んでいるため、一箇所でも噛み合わせが崩れると、少しずつ長時間かけて全体の歯並びが悪くなっていきます。歯並びが気になる方は専門医院での相談を早めに受けておくようにしましょう。

矯正治療に関する間違った常識

抜歯について

巷には、「抜歯をせずに歯の矯正治療ができます」といった広告がたくさん出ています。確かに技術の発展によって矯正治療器具も進化してきたため、昔よりは抜歯をせずに矯正治療ができる範囲は広がってきました。もちろん当院でも、抜歯せずに治療できるケースでは、無駄に歯を抜くことはありません。ただし、すべての方が必ず抜歯せずに矯正治療を受けられるというわけではありません。抜かないと歯がきれいに並ばないにもかかわらず、無理に抜歯をしないで矯正治療を行うと、身体が拒否反応を起こして、余計に前歯が出てくる、歯が埋もれる、噛み合わせのバランスが崩れるといった悪影響が出てきます。なお、医療判断は必ずしも白黒はっきり分かれるものではありませんので、ギリギリの判断が必要になることもあります。そういった場合には、患者さんご本人や親御さんにきちんと状況をお話し、抜歯する場合のメリットとデメリットを両方説明した上で、納得いく方をお選びいただくようにしています。

早期治療について

小さい頃に床矯正装置を使えば、すべての歯並びが改善される、将来抜歯する必要がなくなるといった言葉を掲げられていることがありますが、どの程度の効果が見込めるかは人それぞれです。当院でも床矯正は実施していますが、あくまでも一つの方法として捉えており、それですべてのお悩みが解消されるということではありません。

時期について

矯正治療は、子供のうちに受けないといけない、大人になったらしないといけないといった決まりがあるわけではありません。患者さんによっては早い時期にやった方が効果的ということもありますが、また別の患者さんの場合は永久歯に生え変わってから治療した方がいいこともあります。ただし、これらの判断をするために小学校に入学した前後くらいに一度、矯正治療の専門クリニックで診てもらっておいた方が良いでしょう。その子に合った最適な治療時期を知ることができます。

期間について

できるだけ短い期間で治療ができればいいのですが、残念ながらどうしても期間がかかってしまうのが矯正治療です。口の中に装置が入っている状態は快適であるとは言えません。そのため、お子さんの場合はいつの時期に治療をするのが最適か、患者さん本人が治療を受け入れてくれるかどうかなども判断材料としています。

新しい設備を導入している理由

当院では、矯正治療に関する最新の設備や道具を積極的に導入しています。歯科医師やスタッフは常に技術の研鑽を続け、高いレベルを目指していますが、人間の能力には限界があるというのも事実です。道具や設備によってより良い治療を実現できるのであれば、そこにも頼るのが患者さんの利益に繋がると考えています。

矯正のことでお悩みでしたらまずご相談してみませんか? tel 0584-75-4184
よろず矯正歯科クリニック 最寄駅 大垣駅北口徒歩8分 診療時間10:30~19:00 土曜9:30~17:30 ai1q_003_sp.png